50代膝が痛い

50代になって膝の痛みを感じるようになった・・・

うちの母は、50代になってから膝が痛いと思うことが多くなったそうです。
特に階段の上り下りはしんどいものがあるそうで、階段の多い我が家では、3階建ての建物なので、1階にある洗濯機から洗濯物を屋上に干しにいくのにも一苦労だそうです。膝の痛みって大変ですよね、どうやったら膝が痛いというのを解消できるのでしょうか

 

また、母はこんなことも話していました。
いつもひざの痛みが起きないようにかばうような具合になってしまうために姿勢が変になったりもするそうです。

 

みなさんは、このような経験したことないですか??
下記のような人は要チェックです。

 

 

「最近、これまでに経験したことのないひざの痛みに悩まされている。」
「歩き始めがもっとも辛く、立ち始めや階段を下りるのが怖い。」
「湿布や痛み止め、サポーターで、何とかその場をしのいでいる。」
「冬場は特に厳しくて極力動きたくない。」

 

 

実は日本にはこんなビックリするデータがあるそうです。
体で慢性的に痛むところを調査した結果、人口の全体の38%の人が膝に関する症状を訴えたというデータを見たことがあります。

 

日本人の人口に換算すると、子供を除いても

 

およそ4000万人が膝の痛みを慢性的に抱えているということです。

 

膝の痛みを感じた時に、どういうことをしましたか??

 

  • 「膝をさすったりストレッチ等をして自己流の対処をあれこれと試す」
  •  

  • 「手軽に買える、アクテージ・フェイタスといった市販薬を試してみる」
  •  

  • 「グルコサミンやコンドロイチン入りのサプリメントを飲み始める」

 

またはサポーターを日常的に着用したりして、痛みとまっすぐに向き合うことをせずに先送りにしていませんか?

 

一時的な関節疲労だとマッサージに行ったりして改善することもあると思います。

 

ママさんバレーボール(9人制バレー)の指導者として、今2つのチームをみています。
バレーに出会っておよそ半世紀。
東京オリンピックで活躍したあの「東洋の魔女」たちと同世代なんですよ。

 

実は2年前に脳腫瘍をわずらい、入院を余儀なくされました。
幸い後遺症も残らなかったのですが、入院中に足腰の筋肉が衰え、一時は歩くこともままならなかったんです。
退院後に『皇潤』を飲み始め、まずは家の近所の短い距離から歩く訓練を開始したんですが、その時は仲間たちがつきあってくれて、嬉しかったですね。

 

毎日の習慣は、朝食後欠かさずに6粒。
努力の甲斐あって、今では不安なく歩けるようになりました。

 

今、秋のクラス別リーグ戦に向けて練習中です。
声出してボールをつないで昇格を目指そうね、とチームの仲間と話しています。

 

大阪府在住 永井 睦さま(70代)

 

※あくまでも、個人の感想で、効果を保証するものではありません

 

 

 

【PR】
引っ越しでピアノが邪魔になった時はこちらを見てみましょう。